メインメニューを開く

海部 友光(かいふ ともみつ)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将三好氏の家臣。阿波国海部城主。

 
海部友光
時代 戦国時代 - 安土桃山時代
生誕 不明
死没 不明
改名 友光→宗寿?[1][2]
別名 藤原友光[1]
官位 左近将監[1]
主君 三好氏
氏族 海部氏
父母 父:海部之親
吉清
テンプレートを表示

生涯編集

「海部町史」では鷲住王の末裔とされている。

海部之親の子として誕生。永禄年間(1558年 - 1570年)に友光によって海部城が築かれたという説がある。

元亀2年(1571年)に那佐湾に漂着した長宗我部元親の弟・島親益を討つ。弟の死に激怒した元親により天正3年(1575年)及び天正5年(1577年)に海部城は落城した。その後、友光は紀伊国の縁者を頼って落ち延びたと伝えられるが、経緯は不明である。

脚注編集

  1. ^ a b c 阿波志
  2. ^ 阿波志』には「藤原友光、海部左近将監と称す。釈服して宗寿と号す。」とある。

出典編集