淑慎皇貴妃(しゅくしんこうきひ、咸豊9年12月1日1859年12月24日) - 光緒30年2月28日1904年4月13日))は、同治帝の側妃。満洲鑲黄旗の出身。姓はフチャ(富察)氏(Fuca hala)。員外郎の鳳秀(フンシウ、fungsio)の娘で、孝賢純皇后の伯父の馬斉の七世の孫娘にあたる。

生涯 編集

同治11年(1872年)、3年ごとに紫禁城で行われる后妃選定面接試験「選秀女」を受けて合格した。当時は満12歳の少女であった。対照的に、アルテ氏(孝哲毅皇后)はすでに18歳で、史書や詩詞を読み、文章をものした。西太后はフチャ氏を皇后に強く推したが、東太后に拒否され、結局アルテ氏が皇后に立てられた。フチャ氏は「慧妃」(ulhisungge fei)となった。

慧妃は寵愛を受けなかったので、西太后は皇后に憎しみを向け、同治帝としばしば諍いを起こした。同治14年12月5日(1875年1月12日)、同治帝は19歳で早世した。光緒元年(1875年)、孝哲毅皇后も失意のうちに崩じた。

光緒帝の即位後、西太后により慧妃は敦宜皇貴妃(jiramin acabungga hūwang guifei)に尊封された。光緒20年(1894年)、西太后の大寿(60歳)の祭典で敦宜栄慶皇貴妃(jiramin acabungga derengge urgun hūwang guifei)に尊封された。

光緒30年(1904年)2月28日に紫禁城内で薨去した。「淑慎」とされ、恵陵の妃園寝の正面真ん中に、最高身位の妃として埋葬された。

伝記資料 編集