メインメニューを開く

清水 康弘(しみず やすひろ、1965年 - )は、広島県福山市出身のトランペットフリューゲルホルン)奏者。ハイノートで押し切るパワフルなスタイルから、中低音を主体としたハートフルなバラードまで、幅広いスタイルに対応できるトランペッターとして知られる。

清水康弘
生誕 1965年
出身地 日本の旗 日本 広島県福山市
ジャンル オールラウンド(特に、ジャズ・ポピュラー)
担当楽器 トランペット フリューゲルホルン
公式サイト  
著名使用楽器

トランペット 本体:YAMAHA 清水モデル2(特注),YAMAHA YTR-8340EM(エリック・ミヤシロモデル) マウスピース:YAMAHA Shimizu(清水康弘モデル)

フリューゲルホルン 本体:YAMAHA YFH-8310Z マウスピース:YAMAHA Shimizu(清水康弘モデル)

来歴編集

広島県福山市にて生まれる。広島県福山市松永町福山市立松永小学校、福山市立松永中学校卒業。小学校のトランペット鼓笛隊に入隊。小学校5年生よりトランペットを始める。国立音楽大学附属高等学校昭和音楽大学をトランペット専攻にて卒業[1]。その後、ヤマハ音楽院研究科特待生となり[2]、在学中、ボブ・佐藤&スター・フォード・オーケストラに入団。1991年から1998年までブラス・ポップ・バンド『Brass Plus』のリーダーとして活躍[3]。『Brass Plus』解散後、EM(エリック・ミヤシロ)バンド、東京マジェスティックオーケストラ、香取良彦ジャズ・オーケストラ等へ参加。また、モダンチョキチョキズ山口智充くずDREAMS COME TRUEなどのライヴ・サポート、TOKIO関ジャニ∞aiko等のアルバムにも参加。他にも、多数のテレビCM、映画、ドラマ音楽などにスタジオミュージシャンとして参加している[2]。1991年から2011年度まで20年にわたりヤマハ音楽院(旧ネム音楽院)で後進の指導にあたり、多くの指導者やミュージシャンを育成し、音楽界に送り込んでいる。2013年より昭和音楽大学講師。ウクレレ通としても知られ、世界初となるビッグバンドとウクレレのコラボレーションを企画。ウクレレの巨匠、森嘉彦氏と共演し、CDをリリース。国内外から好評を博している。また、テレビ東京「音遊人(みゅーじん)」ではウクレレ奏者として小錦らと共演したり、高木ブー著の本では彼のウクレレに関する精力的な活動が取り上げられている。占部弦楽器製作所代表の占部英明氏とも親交が深い。

 横濱音泉倶楽部代表[1][2][3][4]、office「Shimizu MUSIC Lab」代表、ヤマハ㈱契約登録講師。トランペットを北村源三、中山冨士雄、板倉駿夫、久保義一、小田孝則、数原晋らに、作編曲を真島俊夫、平野孝幸の両者、 ヴォイス・トレーニングを大倉真弓に師事する。

ディスコグラフィ編集

リーダーアルバム編集

主なアルバム参加作品編集

主なDVD参加作品編集

  • くず: くずライブ2002(よしもとアール・アンド・シー) 2003年3月26日
  • ワンナイ: ワンナイ スーパーライブ in パシフィコ横浜2004(よしもとアール・アンド・シー) 2006年2月22日
  • ワンナイ ゴリエ: ワンナイ お台場冒険王 スーパーミュージカル(よしもとアール・アンド・シー) 2006年3月22日

出演編集

テレビ編集

  • ワンナイR&R SPECIAL2(フジテレビ)2002年6月17日
  • ワンナイR&R SPECIAL 2.(フジテレビ) 2002年6月25日
  • ふるさと通信(広島ホームテレビ)2003年1月17日
  • 音遊人(みゅーじん)(テレビ東京)ヤマハ音楽院にて出演 2005年11月19日
  • 音遊人(みゅーじん)(テレビ東京)横濱音泉倶楽部にて出演 2005年12月24日
  • 水10!ワンナイR&R(フジテレビ)くずバンドにて出演 2002年~ 2006年
  • 音遊人(みゅーじん)(テレビ東京)2006年2月4日

脚注編集

  1. ^ a b YAMAHA HP> YAMAHAトランペット・アーティスト 清水康弘より
  2. ^ a b c 横濱音泉倶楽部公式ホームページより
  3. ^ a b バンドジャーナル 2006年5月号90ページ
  4. ^ 高木ブーの楽しくウクレレ 岩波アクティブ新書 2002年

外部リンク編集