メインメニューを開く

清瀧寺(せいりゅうじ)は、静岡県浜松市天竜区にある浄土宗知恩院の末寺。山号は信康山。院号は長安院。本尊は阿弥陀如来

清瀧寺(せいりゅうじ)
所在地 静岡県浜松市天竜区二俣町二俣1405
位置 北緯34度51分55.1秒
東経137度48分48.5秒
座標: 北緯34度51分55.1秒 東経137度48分48.5秒
山号 信康山
宗派 浄土宗
寺格 知恩院末寺
本尊 阿弥陀如来
創建年 1581年
正式名 信康山長安院清瀧寺
文化財 徳川信康霊廟
法人番号 3080405003752
テンプレートを表示

目次

由緒編集

織田信長の家臣時代において織田家の敵方との内通の擬により自刃した徳川家康の嫡男松平信康の廟所として、徳川家康によって建立された。

逸話編集

本田技研工業の創業者 本田宗一郎が二俣尋常高等小学校(現在の浜松市立二俣小学校)に在学中のある日、“腹が減った”と授業中に教室から抜け出して裏山の清瀧寺の鐘楼に赴き、正午前に鐘を突き、持ってきた弁当を食べた」という実話が、清瀧寺の歴史の一部として語り継がれている。

関連項目編集

外部リンク編集