渡し込み(わたしこみ)とは、相撲決まり手の一つである。相手の片足を外側から片腕で抱え、もう片方の手で相手を押し倒す技[1]

大相撲における実例編集

幕内の取組ではあまり見られない決まり手ではある。元大関琴奨菊が得意として、幕内では9回この決まり手で勝利している。新大関の2011年11月場所千秋楽関脇稀勢の里戦や、2014年5月場所6日目に平幕遠藤戦、2015年9月場所4日目に小結隠岐の海戦、直近では2018年1月場所に小結貴景勝戦などがある。琴奨菊の場合、前に出るときに自分の足がついていかず倒れこみながら相手の足を抱えることが多い。

他に2009年11月場所9日目に翔天狼春日王に対して、2015年7月場所3日目に嘉風臥牙丸に対して、同年11月場所初日に鶴竜に対して、2022年1月場所13日目に宝富士明生に対して渡し込みで勝っている。

脚注編集

  1. ^ 『大相撲ジャーナル』2017年7月号 p76

関連項目編集