メインメニューを開く

渡辺 利夫(わたなべ としお、1939年6月22日[1] - )は、日本経済学者経済学博士)。拓殖大学学事顧問・前総長・元学長東京工業大学名誉教授公益財団法人オイスカ会長。専門は開発経済学と現在アジア経済論[1]山梨県甲府市生まれ[2]

渡辺 利夫
わたなべ としお
生誕 (1939-06-22) 1939年6月22日(80歳)
日本の旗 日本山梨県甲府市
研究機関 拓殖大学
出身校 慶應義塾大学学士修士博士
主な受賞歴 吉野作造賞
大平正芳記念賞
アジア・太平洋賞
開高健賞
正論大賞
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

学歴編集

研究歴編集

  • 1975年 筑波大学助教授
  • 1985年 同教授
  • 1988年 東京工業大学工学部教授
  • 2000年 同大学定年退官、東京工業大学名誉教授。拓殖大学国際開発学部教授、同学部長。
  • 2004年4月 拓殖大学大学院国際協力学研究科委員長
  • 2005年4月 拓殖大学学長
  • 2008年3月 拓殖大学教授職退任(学長留任)
  • 2011年12月 第18代拓殖大学総長(拓殖大学学長を兼任)
  • 2013年3月 拓殖大学学長退任(拓殖大学総長専任)
  • 2015年12月 拓殖大学学事顧問就任、総長退任

受賞歴編集

著書編集

単著編集

  • 『低開発国経済援助論』(アジア経済研究所 1969年)
  • 『マレーシアの所得分配構造』(アジア経済研究所 1975年)
  • 『開発経済学研究――輸出と国民経済形成』(東洋経済新報社 1978年)
  • 『アジア中進国の挑戦――「追い上げ」の実態と日本の課題』(日本経済新聞社[日経新書] 1979年)
  • 『現代韓国経済分析――開発経済学と現代アジア』(勁草書房 1982年)
  • 『成長のアジア 停滞のアジア』(東洋経済新報社 1985年/講談社学術文庫 2002年)
  • 『韓国―ヴェンチャー・キャピタリズム』(講談社現代新書 1986年) 
  • 『韓国経済入門』(ちくま学芸文庫 1996年)
  • 『開発経済学――経済学と現代アジア』(日本評論社 1986年)
  • 『西太平洋の時代――アジア新産業国家の政治経済学』(文藝春秋 1989年)
  • 『アジア経済をどう捉えるか』(日本放送出版協会[NHKブックス] 1989年)
  • 『アジア新潮流――西太平洋のダイナミズムと社会主義』(中公新書 1990年)
  • 『転換するアジア』(弘文堂 1991年)
  • Asia, its Growth and Agony, (University of Hawaii Press, 1992年).
  • 『社会主義市場経済の中国』(講談社現代新書 1994年)
  • 『新世紀アジアの構想』(ちくま新書 1995年)
  • 『神経症の時代――わが内なる森田正馬』(TBSブリタニカ 1996年/学陽書房[学陽文庫] 1999年/文藝春秋[文春学藝ライブラリー] 2016年)
  • 種田山頭火の死生――ほろほろほろびゆく』(文春新書 1998年)
  • 『アジア経済の構図を読む』(日本放送出版協会[NHKライブラリー] 1998年)
  • 『中国経済は成功するか』(ちくま新書 1998年)
  • 『現代アジアを読む――テキストでたどる錯綜のアジア』(PHP新書 1999年)
  • 『開発経済学入門』(東洋経済新報社 2001年)
  • 『私のなかのアジア』(中央公論新社 2004年)
  • 『新脱亜論』(文春新書 2008年)
    • 『決定版 脱亜論』(育鵬社(扶桑社) 2017年)
  • 『人間ドックが「病気」を生む 「健康」に縛られない生き方』(光文社 2009年)
  • 『君、國を捨つるなかれ 『坂の上の雲』の時代に学ぶ』(海竜社 2010年)
  • 『国家覚醒 身捨つるほどの祖国はありや』(海竜社 2013年)
  • 『アジアを救った近代日本史講義 戦前のグローバリズムと拓殖大学』(PHP新書 2013年)
  • 『放哉と山頭火 死を生きる』(ちくま文庫 2015年)
  • 『士魂 福澤諭吉の真実』(海竜社 2016年)
  • 『死生観の時代 -超高齢社会をどう生きるか-』(海竜社 2018年)

共著編集

  • 梶原弘和)『アジア水平分業の時代』(日本貿易振興会 1983年)
  • 深川由起子)『5年後の韓国――日本を追う成長国家の近未来』(PHP研究所 1988年)
  • 鄭励志『激動中国の90年代を読む――西太平洋時代の旗手となれるか』(NTT出版 1990年)
  • 草野厚)『日本のODAをどうするか』(日本放送出版協会 1991年)
  • 原田和明)『激動する米・ソ・アジアの'92年を読む』(徳間書店 1991年)
  • (梶原弘和・高中公男)『アジア相互依存の時代――展開するリージョナル・ネットワーク』(有斐閣 1991年)
  • 青木健)『アジア新経済地図の読み方――その活力の源泉と日本の課題』(PHP研究所 1991年)
  • 足立文彦『図説アジア経済』(日本評論社 1992年)
  • 白砂堤津耶)『図説中国経済――世界のなかの中国』(日本評論社 1993年)
  • 小島朋之)『毛沢東と鄧小平』(NTT出版 1994年)
  • 長谷川慶太郎)『幻想の超大国・中国――五点五年保存版』(徳間書店 1995年)
  • 金昌男『韓国経済発展論』(勁草書房 1996年)
  • (渡辺弘子)『文章の磨き方』(東洋経済新報社 1997年)
  • (小島朋之・杜進高原明生)『毛沢東、鄧小平そして江沢民』(東洋経済新報社 1999年)
  • 香西泰中村達也)『エコノミストが読む時代を拓く101冊』(日本評論社 2000年)
  • 岡崎久彦江畑謙介中嶋嶺雄・小島朋之)『「台湾問題」の先にある日本の危機――緊急提言 田中真紀子外相に捧ぐ』(ビジネス社 2001年)
  • 岩崎育夫)『海の中国』(弘文堂 2001年)
  • 三浦有史『ODA (政府開発援助)――日本に何ができるか』(中公新書 2003年)
  • 岡崎久彦『中国は歴史に復讐される 繁栄か、崩壊か-赤い資本主義の全シナリオ』(育鵬社 2008年)
  • 三浦朱門『日本の活路 どうするどうなる 気鋭対論』(海竜社 2009年)

編著編集

  • 『アジア諸国経済発展の機構と構造』(アジア経済研究所 1985年)
  • 『もっと知りたいNIES』(弘文堂 1990年)
  • 『概説韓国経済』(有斐閣 1990年)
  • 『もっと知りたいASEAN』(弘文堂 1991年)
  • 『西太平洋新時代と日本――アジアの発展が日米関係をどう変えるか』(ジャパンタイムズ 1991年)
  • 『中国の経済改革と新発展メカニズム』(東洋経済新報社 1991年)
  • 『北東アジアの新動態――NIESが中国を変える』(日本貿易振興会 1992年)
  • 『局地経済圏の時代――ぬりかわるアジア経済地図』(サイマル出版会 1992年)
  • 『アジアはこう変わる――渡辺利夫の最新「闘論」事典』(徳間書店 1993年)
  • 『両岸経済交流と台湾』(日本貿易振興会 1993年)
  • 『華南経済――中国改革・開放の最前線』(勁草書房 1993年)
  • 『華人経済ネットワーク――中国に向かうアジア・アジアに向かう中国』(実業之日本社 1994年)
  • 『アジア経済読本』(東洋経済新報社 1994年)
  • 『華人経済の世紀――躍進中国の主役たち』(プレジデント社 1994年)
  • 『北朝鮮の現状を読む』(日本貿易振興会 1997年)
  • 『国際開発学と人間――「アジア」の専門家の学問ばなし』(三五館 1998年)
  • 『国際開発学(1)アジア国際協力の方位』(東洋経済新報社 2000年)
  • 『国際開発学(2)アジア地域研究の現在』(東洋経済新報社 2000年)
  • 『アジア・ルネッサンスの時代――渡辺利夫のアジア塾』(学陽書房 2000年)
  • 『アジアの経済的達成』(東洋経済新報社 2001年)
  • 『国際開発学入門』(弘文堂 2001年)
  • 『中国の躍進アジアの応戦――中国脅威論を超えて』(東洋経済新報社 2002年)
  • 『ジレンマのなかの中国経済』(東洋経済新報社 2003年)
  • 『図説現代中国――環境問題から日中関係まで』(PHP研究所 2003年)
  • 『東アジア市場統合への道――FTAへの課題と挑戦』(勁草書房 2004年)
  • 『東アジア経済連携の時代』(東洋経済新報社 2004年)
  • 『日本の東アジア戦略――共同体への期待と不安』(東洋経済新報社 2005年)

共編編集

  • 朴宇煕『韓国の経済発展』文眞堂 1983年)
  • 堀侑『開発経済学――文献と解題』(アジア経済研究所 1983年)
  • 西村明)『環黄海経済圏――東アジアの未来を探る』(九州大学出版会 1991年)
  • 玉城素)『北朝鮮――崩落か、サバイバルか』(サイマル出版会 1993年)
  • 今井理之)『概説華人経済』(有斐閣 1994年)
  • 向山英彦)『中国に向かうアジア アジアに向かう中国』(東洋経済新報社 2001年)
  • 佐々木郷里『開発経済学事典』(弘文堂 2004年)
  • 寺島実郎朱建栄)『大中華圏――その実像と虚像』(岩波書店 2004年)
  • 後藤一美・大野泉『シリーズ国際開発(4)日本の国際開発協力』(日本評論社 2005年)
  • 竹内宏村松岐夫)『徹底検証東アジア』(勁草書房 2006年)
  • 朝元照雄)『台湾経済入門』(勁草書房 2007年)
  • (趙利済、カーター・J・エッカート)『朴正煕の時代』(東京大学出版会 2009年)
  • (朝元照雄)『台湾経済読本』(勁草書房 2010年)
  • 後藤新平の発想力』奥田進一共編著(成文堂 2011年、新版2015年)

訳書編集

  • R・F・マイクセル『低開発国援助の経済学』(勁草書房 1971年)
  • H・ミント『低開発国の経済理論』木村修三共訳(東洋経済新報社 1973年)改題「開発途上国の経済学」
  • W・エルカン『開発経済学』(文眞堂 1976年)
  • ゴー・ケンスウィ『シンガポールの経済発展を語る』共訳(井村文化事業社 1983年)
  • エズラ・F・ヴォーゲル『アジア四小龍――いかにして今日を築いたか』(中公新書 1993年)
  • ジェラルド・M・マイヤー『開発経済学概論』徳原悟共訳(岩波書店 2006年)

論文編集

  • 「膨張する中国とどう向き合うか」『世界平和研究』(2012年夏季号、194号)

役職編集

脚注編集

  1. ^ a b デジタル版 日本人名大辞典+Plus『渡辺利夫』 - コトバンク
  2. ^ 【正論 新春対談】 渡辺利夫氏 明治人を育んだ幕藩体制「明治150年、覚醒始まる」 新保祐司氏 強い民族に歴史回想の力「海道東征」はモーセ (7/7ページ)”. 産経ニュース . 産経新聞社 (2018年1月3日). 2019年5月24日閲覧。
  3. ^ 評議員、役員等”. 日本国際フォーラム. 2014年2月25日閲覧。
  4. ^ 委員”. 日本国際フォーラム. 2014年2月25日閲覧。
  5. ^ 本会会長に渡辺利夫・前拓殖大学総長が就任

外部リンク編集