メインメニューを開く

湯浅八郎記念館(ゆあさはちろうきねんかん)は、東京都三鷹市大沢にある国際基督教大学の大学博物館である。

Japanese Map symbol (Museum) w.svg 湯浅八郎記念館
ICU HACHIRO YUASA MEMORIAL MUSEUM
施設情報
正式名称 国際基督教大学博物館湯浅八郎記念館
館長 森本あんり[1]
事業主体 国際基督教大学
管理運営 国際基督教大学
建物設計 前川國男建築設計事務所[2]
延床面積 1,414m2[3]
開館 1982年(昭和57年)6月
所在地 181-8585
東京都三鷹市大沢3-10-2
位置 北緯35度41分19.42秒 東経139度31分51.78秒 / 北緯35.6887278度 東経139.5310500度 / 35.6887278; 139.5310500座標: 北緯35度41分19.42秒 東経139度31分51.78秒 / 北緯35.6887278度 東経139.5310500度 / 35.6887278; 139.5310500
外部リンク 湯浅八郎記念館
プロジェクト:GLAM
テンプレートを表示

同大学の初代学長であった湯浅八郎の大学創設・育成に対する貢献を記念し、1982年6月に開館した[4]。設計は東京都美術館などを手がけた前川國男氏。

大学に寄贈された湯浅博士による民芸品コレクション、および大学敷地内の遺跡から発掘された考古資料を中心に、その他美術品、歴史資料も含め、常設展示と年3回の企画展を行っている。また、企画展開催時には、関連テーマの公開講座も行われる。

出典編集

[ヘルプ]
  1. ^ 役職者名簿”. 国際基督教大学. 2015年10月28日閲覧。
  2. ^ 国際基督教大学博物館 湯浅八郎記念館”. ミュージアムカフェ. 2015年10月28日閲覧。
  3. ^ 国際基督教大学博物館湯浅八郎記念館”. 全国観るなび 三鷹市 (日本観光振興協会). 2015年10月28日閲覧。
  4. ^ 概要”. 国際基督教大学博物館湯浅八郎記念館. 2015年10月28日閲覧。

外部リンク編集