メインメニューを開く

湯浅 宗業(ゆあさ むねなり、建久6年(1195年) - ?)は、鎌倉時代の武士[1]湯浅宗光の次男[1]。通称は保田次郎左衛門尉[1]

経歴・人物編集

紀伊保田荘地頭[1]。在京して六波羅探題に仕えた[2]弘長2年(1262年)出家し、明恵に帰依、智眼と号す[1][2]。荘内に星尾寺を草創、その開基の経緯をしるした「智眼置文」が高山寺にのこる。『十訓抄』の作者ともいわれる[2]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e デジタル版 日本人名大辞典+Plus(講談社)『湯浅宗業』 - コトバンク
  2. ^ a b c 朝日日本歴史人物事典(朝日新聞社)『湯浅宗業』 - コトバンク