メインメニューを開く

源 仲光(みなもと の なかみつ、生年不詳 - 治承4年5月26日1180年6月20日))は平安時代末期の武将源仲家嫡男で弟に仲賢がある。木曾義仲は叔父に当たる。九条院判官代。蔵人太郎と号した。

1180年、父の仲家の養父である摂津源氏源頼政が挙兵すると、父と共にこれに従い、宇治平等院の戦いにおいて、頼政、仲家らとともに討死を遂げた。

子孫編集

続群書類従』所収の『吉良系図』によれば、仲長という男子と河原林忠元の室となった女子があったという。

関連項目編集