メインメニューを開く

源 頼成(みなもと の よりなり)は、平安時代中期の武士大和源氏の祖である大和守源頼親の長男。通称は越智太郎。

 
源頼成
時代 平安時代中期
生誕 不明
死没 不明
別名 通称:越智太郎
官位 左衛門尉蔵人肥後守
主君 藤原道長
氏族 大和源氏
父母 父:源頼親
兄弟 頼成頼房[1]頼遠頼基、頼怡
頼房[1]、仲綱、成綱

官職は左衛門尉蔵人肥後守などを歴任し、藤原道長に仕えたという。彼の子孫は越智氏と称して、大和国高市郡越智荘で勢力を保ったという。

系譜編集

  • 父:源頼親
  • 母:不詳
  • 妻:不詳
  • 生母不明の子女
    • 男子:源頼房
    • 男子:源仲綱
    • 男子:源成綱

脚注編集

  1. ^ a b 奈良県史所収『越智氏略系図』と戦国大名系譜人名事典所収『越智氏系図』によると、頼房は頼成の子と記されている。