メインメニューを開く

瀋陽飛機工業集団(しんようひきこうぎょうしゅうだん、簡体字: 沈阳飞机工业(集团)有限公司英語:Shenyang Aircraft Industry (Group) Corporation Ltd.)は中国遼寧省瀋陽にある飛行機製造会社で、中国航空工業集団公司に属している。

瀋陽飛機工業(集団)有限公司
簡体字: 沈阳飞机工业(集团)有限公司英語: Shenyang Aircraft Industry (Group) Corporation Ltd
種類 株式会社
本社所在地 中華人民共和国の旗 中国
遼寧省瀋陽
設立 1953年
業種 製造業
事業内容 航空機製造
代表者 李方勇(1999-)
従業員数 1,5000人
主要株主 中国航空工業集団公司
外部リンク http://www.sac.com.cn/
テンプレートを表示

目次

概要編集

瀋陽飛機工業集団は中国遼寧省瀋陽にある飛行機製造会社で、1999年に航空機製造関連の国策会社が中国航空工業集団公司第一公司(大型機)と第二公司(中小型機)に分れた際に前者に属していたが、2008年に再び大合同した中国航空工業集団公司(中航 AVIC)に属している[1]

この前身は、満州重工業開発株式会社に所属して、1938年以来数々の商用機・軍用機を製造した満州飛行機製造株式会社で、この土地と施設(滑走路など)を継承している。

中華人民共和国では「中国の戦闘機の揺り籠」とも呼ばれ、これまでは戦闘機の製造などが多く、中国で初めての地対空ミサイル赤旗1号」もここで製造された。現在、中型商用機「ARJ21」を開発で、その4分の1部分も生産し、セスナのライト・スポーツ・エアクラフト「L162」も共同製造している[2]

会社経営の詳細は発表されていないが、瀋陽の東郊外の800万平米の土地に、15000人の職員が働いている[3]

関連項目編集

脚注編集

外部リンク編集