烏山消防署(オサンしょうぼうしょ)は京畿道消防災難本部所属の消防署である。

烏山消防署
Osan Fire Station.JPG
情報
消防本部 京畿道消防災難本部
設置日 1991年6月15日
管轄区域 烏山市
管轄面積 42.76km2
職員定数 109名
119安全センター数 2(青鶴は消防署と兼用)
所在地 447-130
京畿道烏山市青鶴路55-6
119救助隊:烏山市雲岩路77
外部リンク 烏山消防署
テンプレートを表示
烏山消防署
各種表記
ハングル 오산소방서
漢字 烏山消防署
発音 オサン=ソバンソ
英語 Osan Fire Station
テンプレートを表示

管轄区域編集

沿革編集

  • 1991年6月15日 - 開設。管轄は烏山市、華城郡のうち台安邑、郷南面 
  • 1995年3月9日 - 峰潭面を水原消防署から編入。管轄区域が烏山市と華城郡になる。
  • 2001年3月21日 - 華城郡の華城市昇格に伴い、管轄区域が烏山市と華城市になる。
  • 2008年5月26日 - 華城市を華城消防署に分離。管轄が烏山市のみになる。

119安全センター編集

119安全センター 住所 管轄区域
青鶴119安全センター 烏山市青鶴路55-6 烏山市(園洞、高洞、晴湖洞、葛串洞、斗谷洞、伐音洞、塔洞を除く)
園洞119安全センター 烏山市京畿大路99 烏山市のうち園洞、高洞、晴湖洞、葛串洞、斗谷洞、伐音洞、塔洞