メインメニューを開く

照屋 佳男(てるや よしお、1936年昭和11年)10月22日 - )は、日本の英文学者早稲田大学名誉教授沖縄県中頭郡北谷村(現北谷町)生まれ。1956年普天間高等学校卒業。1962年早稲田大学第一文学部英文科卒業。67年同大学院文学研究科博士課程単位取得満期退学、早稲田高等学院教諭、73年早大社会科学部専任講師、75年助教授、80年教授、社会科学総合学術院教授、2007年に定年退任し名誉教授。

目次

著書編集

  • 『現代イギリス文学試論 文学と政治』エイジ出版、1980
  • 『イギリス文学に学ぶ 文学と政治』エイジ出版、1983
  • ジョージ・オーウェル 文学と政治』行人社、1986
  • コンラッドの小説』早稲田大学出版部、1990
  • 『文学と哲学のあいだ』成文堂、1991(学際レクチャーシリーズ)
  • 『共同体とグローバリズム』成文堂、2004(学際レクチャーシリーズ)
  • 『社会の再発見と社会の防衛』行人社、2007
  • 『私の沖縄ノート-戦前・戦中・戦後』中央公論新社、2019

翻訳編集

記念論文集編集

  • 『比較文化の可能性 日本近代化論への学際的アプローチ 照屋佳男先生古稀記念』池田雅之・古賀勝次郎編著 成文堂、2007 

参考編集

  • 『現代日本人名録』日外アソシエーツ、2002 
  • 照屋佳男教授年譜・主要著作目録 「早稲田社会科学総合研究」2007-07