メインメニューを開く

熊木 徹夫(くまき てつお、1969年 - )は、日本の精神科医。専門は精神病理学京都市生まれ。

目次

経歴編集

1969年生まれ

名古屋市立大学病院精神神経科、豊橋市民病院精神神経科、愛知医科大学付属病院精神科、矢作川病院勤務を経て、2007年、愛知県日進市にあいち熊木クリニックを開院。 2014年4月に、名古屋駅近くにビジネスマン専門カウンセリングルーム「戦士の休息」を開設するも、翌年2015年8月10日に、あいち熊木クリニックに併設する「あいくま心理カウンセリング(あいち熊木心理カウンセリングセンター)」への業務移行・統合を理由に閉鎖。

著書編集

基盤編集

熊木の精神医療の基盤は、

  1. 心身論(漢方医学をバックボーンとする)
  2. 思春期・青年期精神医学(身体化障害に造詣が深い)
  3. 精神力動・精神病理学

にある。

官能的精神医学編集

現代はやりの医療統計学や生物学的精神医学からは距離をおき、患者と精神科医の主観の復権を旨とした、官能的精神医学(精神科薬物においても、「官能的評価」という五感をフル活動した見方を形成する運動を行っている)の旗手たらんと[要出典]、インターネットやメールマガジンを基点とした活動を行っている。

外部リンク編集