熱ルミネセンス(ねつルミネセンス、英語: Thermoluminescence)とは、ハロゲン塩等の結晶に光やX線や放射線等の高エネルギー線を照射後、加熱すると発光する現象である。

蛍石による熱ルミネセンス。

概要編集

蛍光体の種類によってはX線放射線等の高エネルギー線を照射後、加熱すると発光する現象を示す物がある。それら照射されたエネルギーによって結晶内に自由電子が発生し、これが蛍光体内に捕捉され、その状態が照射の終了後も保持される。その後、加熱により、熱エネルギーを与えることにより、結晶の格子が振動して相互作用することで補足電子が飛び出し、基底状態に戻る時に、蛍光を発する[1]

応用例編集

出典編集

[脚注の使い方]

参考編集

関連項目編集