メインメニューを開く

熱狂のオランピア』(ねっきょうのオランピア、題: Polnarévolution)は、1972年に発売されたミッシェル・ポルナレフのライブアルバム。フランスでは1972年に『Polnarévolution』のタイトルで、日本では1974年に『熱狂のオランピア』のタイトルで発売された。

熱狂のオランピア
ミッシェル・ポルナレフライブ・アルバム
リリース
録音 パリオランピア劇場
ジャンル ロック、ポップ
時間
レーベル CBSソニーEPIC(1974年日本盤)
チャート最高順位
ミッシェル・ポルナレフ アルバム 年表
ポルナレフの世界
(フランス盤・1971年
熱狂のオランピアポルナレフ革命
1974年
テンプレートを表示

ライブは1972年にパリのオランピア劇場で行われた。このアルバムはライブの雰囲気を重視するため、サウンドボード録音をせずに、2本のマイクを客席に設置して、オーディエンス録音のように収録している。その件について、裏ジャケットに、ポルナレフはサインと共に手書きで「真実は品質にまさる」と記している。

11曲目の「トランペット」は、ポルナレフが口でトランペットを真似たもの。13曲目「ブギ・ウギ・ポルナレフ」はピアノによる即興演奏。

バック・バンドはディナスティ・クリジスが担当。ストリングス隊とコーラス隊も参加している。

原題の Polnarévolution とは、Polnareff と revolution からの造語である。

収録曲編集

A面
#タイトル作詞作曲・編曲時間
1.「ラース家の舞踏会」(Le Bal des Laze)  
2.「渚の思い出」(Tous les bateaux, tous les oiseaux)  
3.「ジョブ」(Je cherche un job)  
4.「愛のコレクション」(Qui a tué grand-maman ?)  
5.「つけぼくろ」(La Mouche)  
6.「バラ色の心」(Âme câline)  
B面
#タイトル作詞作曲・編曲時間
7.「想い出のシンフォニー」(Dans la maison vide)  
8.「哀しみの終るとき」(Ça n'arrive qu'aux autres)  
9.「忘れじのグローリア」(Gloria)  
10.「天国への道」(On ira tous au paradis)  
11.「トランペット」(La Trompette)  
12.「愛の願い」(Love me, please love me)  
13.「ブギ・ウギ・ポルナレフ」(Boogie woogie)  

補足編集

フランスでは1972年の発売であるが、日本での発売が1974年まで延期されたのは、当時、すでに日本公演を録音したライヴ盤『ポルナレフ・ア・トーキョー』が発売されており、ライブ録音盤の重複を回避するためだと言われている。

録音されたのは1972年10月であるが、ポルナレフはオランピア劇場で当時に連日のライヴを行っており、その中で、このライヴ録音の録音日がいつなのかは特定がされていない。1公演の録音なのか、複数公演から編集したものなのかも不明である。

1972年のオランピア劇場でのライヴのセットリストは以下の通りで、『熱狂のオランピア』では数曲がカットされていたことがわかる。(1公演完全収録のブートレグも存在する)
01. Le bal des Laze
02. Hey you woman
03. Tous les bateaux, tous les oiseaux
04. Mes regrets
05. Je cherche un job
06. Qui a tué grand-maman
07. La mouche
08. Âme câline
09. Dans la maison vide
10. Ça n'arrive qu'aux autres
11. Gloria
12. Strip-tease de la Duegne
13. On ira tous au paradis
14. La trompette
15. Love me please love me
16. Jenny Jenny

この1972年10月の公演の翌月、ポルナレフはバック・バンドのディナスティ・クリジスと来日し、ストリングスとコーラスを抜いた形でほぼ同様の選曲での来日公演を行っている。

この1972年10月の公演の前月の9月10日、フランスのカンブレーで行われたライブでは、
L'Affreux Jojo
Tout Pour Ma Chérie
Rock My Soul
La Michetonneuse
も歌われていたが、オランピアでの公演では演奏されなかった。バック・バンドは同じくディナスティ・クリジス。この音源はラジオ放送され、ブートレッグにもなっている。