牧野 明成(まきの あきしげ)は、江戸時代中期の大名丹後国田辺藩の第4代藩主。丹後田辺藩牧野家5代。官位従五位下豊前守因幡守

 
牧野明成
時代 江戸時代中期
生誕 宝永元年4月6日1704年5月9日
死没 寛延3年10月5日1750年11月3日
改名 直次郎(幼名)、治成(初名)、明成
墓所 埼玉県鴻巣市本町の勝願寺
官位 従五位下豊前守因幡守
幕府 江戸幕府奏者番大坂加番
主君 徳川吉宗家重
丹後田辺藩
氏族 牧野氏
父母 牧野英成:信敬院
兄弟 酒井忠告正室、良成明成知成藤波徳忠養女、中坊秀成南部信弥細川興虎正室、長成有馬純珍養女、小浜秀隆養女、高力直賢孝成徳成資成
正室松平乗邑の娘・ヒサ
八重之丞、惟成韶成牧野美成室、峯、村越房成松平近形正室ら
テンプレートを表示

略歴編集

宝永元年(1704年)4月6日(江戸幕府の記録では宝永2年(1705年)閏4月)、第3代主・牧野英成の次男として田辺で誕生。兄・良成が早世したために世子となり、元文2年(1737年)10月2日の父の隠居により家督を継いだ。

延享元年(1744年)7月に奏者番に任じられる。寛延2年(1749年)2月に大坂加番に任じられた。寛延3年(1750年)10月5日(記録では10月7日)、江戸で死去した。享年47。跡を三男の惟成が継いだ。

系譜編集