「吉原忠男」の版間の差分

編集の要約なし
'''吉原 忠男'''(よしわら ただお、[[1935年]][[7月8日]]-)は日本の[[医師]]([[外科学]])、[[推理作家]]。[[博士 (医学)|医学博士]]。埼玉県医師会長。
 
[[岩手県]][[三戸町]]出身。[[1960年]][[東京慈恵会医科大学]][[医学部]]卒業。[[1962年]][[医師国家試験]]合格(医籍174945号)。同大学第一外科学教室助手を経て[[1968年]][[埼玉県]][[浦和市]](現・[[さいたま市]])に吉原医院開設。[[1970年]]医学博士(東京慈恵会医科大学)。埼玉県医師会常任理事を経て[[2004年]]4月から埼玉県医師会長。[[2006年]][[医療功労賞]]([[読売新聞社]]主催)受賞。現役開業医として地域の保険・医療活動に力を入れながら、その合間を縫って、'''海庭良和'''(かいば よしかず)のペンネームにて豊富な医学知識を用いた社会派ミステリーを中心とした執筆活動を続けている。[[日本ペンクラブ]]会員。 [[1975年]]「走る人たち」にて「[[文學界新人賞]]」候補となり、[[1981年]]「ハーレムのサムライ」にて「[[オール讀物新人賞]]」受賞、また同年「ジーザスの夏祭り」にて「[[野性時代新人賞]]」候補となった。
 
== 主な作品 ==
匿名利用者