「マラキ書」の版間の差分

m
冒頭部、体裁
m (il)
m (冒頭部、体裁)
{{旧約聖書}}
'''マラキ書'''とは[[旧約聖書]]文書の1つ。[[ユダヤ教]]では「後の預言者」、[[キリスト教]]では[[十二小預言書]]に分類され、そする。預言書なかではもっとも最後にする。伝統的にされ、[[ゼカリヤ書]]の後に配置される。キリスト教でいう[[十二小預言書]]のひとつ。3章からなる。
 
筆者の名とされる「マラキ」(マラ1:1)とはヘブライ語で「私の使者」という意味である。本書中には、筆者についての情報は名前以外には与えられない。
本文中では、[[裁判]]の判例のような議論形式で、神と[[ユダ]]の人々との受け答えが続いている。
 
本文中では、[[裁判]]の判例のような議論形式で、神と[[ユダ]]イスラエルの人々との受け答えが続いている。
なお、「マラキ」とは「私の使者」という意味である。
 
[[Category:旧約聖書|まらきしよ]]
21,771

回編集