「傅奕」の版間の差分

m
老子道徳経
(道徳経古本篇。箇条化)
m (老子道徳経)
*彼は[[魏晋南北朝]]以来の排仏の論を集めて『高識伝』10巻を撰しているが、この書は早くに亡佚していまい、[[道宣]]の『[[広弘明集]]』に批判的に収録された形で見られるのみである。彼の排仏論は、『[[旧唐書]]』巻79の本伝、『広弘明集』、『[[全唐文]]』中に収録されている。
 
*傅奕の名は正統道蔵に収録されている『[[老子道徳経|道徳経]]古本篇』の編者としても残されている。
 
[[Category:唐代の人物|ふえき]]
613

回編集