「ハイルブロン同盟」の版間の差分

m
編集の要約なし
編集の要約なし
m編集の要約なし
両者の思惑が一致し、「'''ドイツの自由と、スウェーデンへの感謝'''」のスローガンが掲げられ、無き王グスタフ・アドルフの名において、プロテスタント諸侯が結集した。これは、スウェーデンの[[宰相]][[アクセル・オクセンシェルナ|オクセンシェルナ]]の手腕に負うところが大きかった。
 
ところが、この同盟締結に[[フランス王国|フランス]]と[[ザクセン公国|ザクセン公]]が反発した。フランスの宰相[[リシュリュー]]は、ハイルブロンに使者を送り、オクセンシェルナを脅し、強引に盟主を替えさせた。5年前に締結したフランス・スウェーデン間の[[条約]]に違反していたからである。オクセンシェルナは激怒したが、フランスの支援凍結を恐れ、フランスの影響力の下、グスタフ・アドルフの近衛騎兵連隊の指揮官であった傭兵の[[ザクセン・ワイマール公ベルンハルト]]が、ハイルブロン同盟軍の指揮を執る事になった。オクセンシェルナがスウェーデン軍・ハイルブロン同盟軍両軍の総司令官に据えるつもりでいた信頼する[[グスタフ・ホルン]]将軍は、スウェーデン軍の新司令官になった。野心的で積極的なベルンハルトと忠実で慎重なホルンは性格が正反対で、両者は反目を募らせる事になる。これが[[ネルトリンゲンの戦い (1634年)]]でのスウェーデン・ハイルブロン同盟軍(プロテスタント諸侯軍)の大敗の原因の一つとされる。
 
このように、ハイルブロン同盟は成立当初から危機を内包していたのである。ベルンハルトは、後に[[神聖ローマ皇帝]][[フェルディナント2 (神聖ローマ皇帝)|フェルディナント2(神聖ローマ皇帝)]]と和解し、[[プラハ条約]]に署名したり、フランス軍の指揮官となるなど、スウェーデンとプロテスタント諸侯を振り回すことになる。
 
[[Category:三十年戦争|はいるふろんとうめい]]
37,316

回編集