「ガリア・アクィタニア」の版間の差分

m
編集の要約なし
(新しいページ: 'right|thumb|200px|西暦120年の属州ガリア・アクィターニア [[Image:Map Gallia Tribes Towns.png|thumb|紀元前58...')
 
m
[[Image:Map Gallia Tribes Towns.png|thumb|紀元前58年の属州ガリア・アクィターニア]]
 
'''ガリア・アクィターニア'''('''Gallia Aquitania''')とは[[ローマ帝国]][[属州]]のひとつ。現在の[[フランス]]北西部に該当し、東方に[[ガリア・ルグドゥネンシス]]、南方に[[ガリア・ナルボネンシス]]、西方に[[ヒスパニア・テラコシネンシス]]と接している。
 
[[アウグストゥス]]の治世に[[皇帝属州]]となる。皇帝の命を受けた[[プロプラエトル]]は軍隊を従えず、任地に赴いた。
 
[[ディオクレティアヌス]]の治世にはガリア・アクィターニアは3つに分割される。
 
[[418年]]、ローマ皇帝[[ホノリウス]]は[[西ゴート人]]を「友邦者」として扱い、この地を永住の地として与える。そしてこれが[[西ゴート王国]]の始まりとなった。そして[[西ローマ帝国]]滅亡後に西ゴート族は彼等は[[トゥールーズ]]を拠点とし、ピレネー山脈を越えて[[ヒスパニア]]に侵攻する。
 
{{ローマ帝国の属州}}