「シュラフタ」の版間の差分

シュラフタの起源は、[[スラブ人]]が[[キリスト教]]を受容する前から存在していた戦士階級とも考えられる。[[11世紀]]に成立した[[ポーランド王国]]では国内の分権傾向が強く、貴族層が国王に対抗できる勢力を維持していた。これは大貴族に限らず、中小貴族も同じであり、これが後にシュラフタと呼ばれるようになった。
 
[[1386年]]に[[リトアニア大公国|リトアニア大公]]が[[ヴワディスワフ2世 (ポーランド王)|ヴワディスワフ2世]]として[[ヤギェウォ朝]]の[[ポーランド・リトアニア連合]]が成立すると、国内の権力基盤が弱い国王に対して貴族勢力が多くの要求を呑ませ、シュラフタの影響力が更に強まった。[[1572年]]にヤギェヴォ朝が断絶して[[選挙王制]]へ移行すると、シュラフタは王の選出権を持つ二院制の[[セイム]](国会、[[:en:Sejm]])や[[セナート]]([[元老院]])を権力基盤として自らへの幅広い権利を認めさせた。これにより、[[1569年]]から完全にリトアニアとの連合王国へ移行したポーランドはしばしば[[共和国]](ジェチボスポリタ)と称し、「シュラフタ民主主義」と呼ばれる体制が完成した。これは人口の約10%、100万人に当たるシュラフタがほとんど全ての権利を享受する制限[[民主政]]であり、大多数を占める農民層の政治参加は抑えられた。また、セイムでは全会一致原則が採用され、中央政府は弱体のままであった。やがて、シュラフタの中でも大きな領土を持つ30から40の家系が[[マグナート]]として国政を主導し、中小のシュラフタはその影響下に入る[[寡頭政]]の傾向が進んだ。
 
[[17世紀]]以降に激化した外国勢力の進入は、[[18世紀]]後半になってポーランドの生存を脅かすようになった。[[1772年]]の第1次[[ポーランド分割]]後、シュラフタ(マグナート)達は国王[[スタニスワフ・アウグスト・ポニャトフスキ]]への権限強化を認め、[[1791年]]には国民の基本的人権を幅広く認めた成文憲法を成立させた。しかし、[[フランス革命]]の影響を強く受けたポーランドの新体制は[[ロシア帝国|ロシア]]・[[プロイセン王国|プロイセン]]・[[オーストリア帝国|オーストリア]]などの周辺各国の恐怖感を煽り、この3国による[[1795年]]の第3次ポーランド分割により王国は滅亡した。
 
その後の[[ナポレオン戦争]]で[[ワルシャワ公国]]が復活し、セイムも再開されたが短命に終わり、旧ポーランド領の多くは[[1815年]]成立の[[ポーランド立憲王国]]を通じてロシア帝国の支配下に入った。ロシアはポーランドの自治権を限定的にしか認めなかったので[[1831年]]にセイムも廃止した。シュラフタは政治的権力をほとんど失い、一部は立憲王国や帝国の官僚として支配体制に参加し、あるいは農民や小農園の領主として存在ロシア支配に服属した。
 
[[第一次世界大戦]]後の[[1918年]]、ポーランドが[[ポーランド共和国]]として独立を回復すると、新政府は憲法でシュラフタなどの身分制を否定し、法的にはこれでシュラフタの存在が解消された。旧シュラフタ層の農地支配は継続したが、[[第二次世界大戦]]で[[ナチス・ドイツ]]がポーランド全土を占領して強圧的な統治を強行し、更に戦後成立した[[ポーランド人民共和国]]([[ポーランド統一労働者党]]による[[社会主義]]政権)が農地改革を実施した結果、社会階層としてもシュラフタは消滅した。ただし、その貴族主義的文化はその後のポーランド社会にも影響を及ぼしているという指摘がなされ<ref>[http://www.e.okayama-u.ac.jp/~taguchi/kansai/tag2002.htm [[岡山大学]]教授の[[田口雅弘]]が[[日本・ポーランド協会]]で行った講演の原稿]</ref>、人民共和国時代には統一労働者党の幹部を無教養と皮肉る[[アネクドート]]も口にされた。また、その人民共和国、さらに[[1989年]]の[[東欧革命]]で資本主義体制とともに旧称が復活したポーランド共和国でも議会に「セイム」の名称が使用されている。また、[[1989年]]に復活したポーランドの[[上院]]には「セナート」の名称が復活した
 
==脚注==