「コプラ」の版間の差分

編集の要約なし
m編集の要約なし
編集の要約なし
{{Otheruses|農産物|言語学における''繋辞''(copula)|コピュラ}}
 
'''コプラ''' (英 copra) は[[ココヤシ]]の果実の胚乳を乾燥したもの。灰白色で約40~65パーセントの良質脂肪分を含む。圧搾してコプラ油(椰子油)をとり、[[マーガリン]]・[[石鹸]]・[[蝋燭]]などの原料とし、かすは肥料・家畜飼料とする。生の[[ココナッツミルク]]などに比べて[[酸敗]]の恐れが少なく原料油脂として世界中で食用に使われる。主に[[東南アジア]]諸国や[[太平洋]]諸島で生産され、住民の貴重な現金収入源となっている。
 
==利用==
[[Category:果物|こふら]]
圧搾してコプラ油(椰子油)は、生の[[ココナッツミルク]]などに比べて[[酸敗]]の恐れが少ないことから、[[マーガリン]]などの[[加工食品]]の原料油脂になるほか、生体への攻撃性の少なさから[[石鹸]]、[[蝋燭]]など日用的な工業製品の原料となる。
 
コプラ油の絞りかすは[[有機肥料]]、[[家畜]][[飼料]]となる。飼料の利用には、フレーク(コプラフレーク)に加工し用いられる。[[ビタミン]]類や油脂類に富むことから、日本では肥育を行うブランド[[ウシ|牛]]の飼料として定評がある。
 
 
 
[[Category:果物|こふら]]
[[Category:油脂|こふら]]
{{food-stub}}
 
9,241

回編集