「毛利親衡」の版間の差分

m
編集の要約なし
 
m
'''毛利 親衡'''(もうり ちかひら、? - [[天授 (日本)|天授]]元年/[[永和 (日本)|永和]]元年([[1375年]]))は[[南北朝時代 (日本)|南北朝時代]]の武将。[[毛利時親]]の孫で[[毛利貞親]]の子。[[毛利元春]]・[[坂匡時]]の父。初名は親茂。孫太郎。陸奥守、備中守。従五位下。
 
南北朝の戦乱が勃発すると、父の毛利貞親とともに南朝方として[[越後国|越後]]で活動した。しかし、後に祖父の時親のしで北朝方に帰順し、一族とともに[[安芸国|安芸]]に下向した。毛利氏の総領は祖父の死後、子の元春が継いでおり、親衡は[[日下津城]]を築き、別を起こ子孫は[[坂氏]]を名乗り、安芸毛利氏の有力支族の一つとなった。
 
武勇に優れ、かつ反骨心に富む人物であったようで、[[観応の擾乱]]の際には反幕府方として活動し、[[周防国|周防]]の[[大内氏]]と同盟して九州に出陣した子の元春の留守を攻撃し、また、日下津城に攻め寄せた[[安芸国|安芸]][[守護]][[武田氏信]]の軍勢を城の末撃退する技量を見せている。
 
{{history-stub}}