「提岩里教会事件」の版間の差分

編集の要約なし
(事実とは思いますが中立的ではありません。あと出典の方は特に問題ないと思います。)
編集の要約なし
{{観点}}
'''提岩里事件'''('''ていがんりじけん''')は、[[1919年]][[4月15日]]日本の植民地統治下の[[朝鮮]][[京畿道]]水原郡(現在の[[華城市]])で[[三・一独立運動]]中に起きた事件。30人程の住民が軍隊によって虐殺された。
 
==概要==