「哲学探究」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
編集の要約なし
'''哲学探究'''は、[[ルートヴィヒ・ウィトゲンシュタイン]]の著作の名。ただし、彼が編集したものではない。かつて、哲学探求とも訳された
 通常後期ウィトゲンシュタイン哲学の代表作とされ、後期のウィトゲンシュタインにおける重要な概念、「原語ゲーム」や「家族的類似性」の概念が記されている。かつて、哲学探求とも訳された。原語をそのまま訳すると、「哲学的研究」が最も近いものとなる。しかし、日本語訳者がその表現を嫌い、「哲学研究」と訳したもので発表しようとしたものの、研究より探求のほうがよいのではないかと迷い、その結果まず研の文字だけ直したものが定着したという逸話を持つ。
 
{{substub}}
匿名利用者