「メイリン・ホーク」の版間の差分

最終決戦では[[エターナル級|エターナル]]の管制官となる。姉のルナマリアが[[インパルスガンダム]]でエターナルに攻撃を仕掛けてきたときには、通信でルナマリアに止めるように叫んでいる。だがこの通信に気をとられたルナマリアは[[ドムトルーパー]]隊の攻撃を受け、危うく命を落とすところでもあった(ちなみに、小説版ではラクスがドム隊を制止し、[[アンドリュー・バルトフェルド]]がインパルスを追い払うにとどめるよう命令している)。
 
OPでは途中(第3クールから)アスラン女難の女性陣の中の一人とされていた。(それまでは登場ていなかった)
今のところ、アスランのメイリンへの感情は明確になっていない。
 
匿名利用者