「タワナアンナ」の版間の差分

編集の要約なし
 
[[紀元前1680年]]~のに[[紀元前1650年|1650年]]頃に旧ヒッタイト王国を治めていた[[ラバルナ1世]](ヒッタイト建国・創始者)の妃であった「'''タワナアンナ'''」の名がそのまま第一皇妃の称号となった。
 
有名なタワナアンナとして、[[シュッピルリウマ1世]]の3人目に王妃の座についた[[バビロニア]]出身のナキア姫が存在する。
ナキア姫は、前[[タワナアンナ・ヒンティ]]が生きていた頃に[[後宮]]に上がっており、後にヒンティが亡くなりタワナアンナが空席になった時点でタワナアンナに就任したものとされる。
 
タワナアンナは王妃の称号ではあるが、既に独立した[[身分]]で、夫である王が亡くなり[[皇太后]]になってから後も、そのタワナアンナが生きているうちにはタワナアンナの交代はなく、死ぬまでの身分として保障される。
匿名利用者