メインメニューを開く

差分

 
=== 復号化 ===
復号化は検査行列 H と受信したデータの積を求めることで行われる。今、受信データ Y を受け取ったとする。このときもし Y に誤りが存在しない場合は
:<math> Y = x \cdot G</math>
であるといえる。ここで x とは符号化される前のビット列である。この Y と H の転置行列との積を求めると H と G の関係式より。
匿名利用者