「理解」の版間の差分

加筆
(加筆)
例として文章理解について、記す。
 
文章を理解するには、まず、書かれている文章の言語を理解できなくてはならない。(英語なら、英語。日本語なら、日本語を、である。
また次に、書かれている一つ一つの章の意味正しく理解できる必要もある。
最後に、文章全体の構造のことを把握することも必要である。(物語ならば、ストーリ。取説ならば、手順全体を把握するなど、である
 
しかしなが、取扱説明書では、実際にその手順を正しく行えるかどうかということもあり、またが関係して来るし、物語ならば、登場人物の微妙な理の変化など把握する必要きているかどうかということが関係して来る。
 
==分析的理解==
複雑な概念を分解し、より単純な概念の集合体に還元して理解すること。
 
==比喩的理解==
ある概念を、よく似た他の概念にたとえて理解すること。
 
==関連項目==
68

回編集