「久慈次郎」の版間の差分

編集の要約なし
[[岩手県]][[盛岡市]]出身。[[岩手県立盛岡第一高等学校|盛岡中学]]を卒業後、[[早稲田大学]]に進学し、在学中から持ち前の強肩とリーダーシップを発揮。また、野球部監督の[[飛田穂洲]]に心酔し、「一球入球」を座右の銘としていた。大学卒業後は[[北海道]]の[[函館太洋倶楽部]](オーシャン)に所属、永く[[函館市]]に在住した。函館では運動具店の店主として10人近くの従業員を雇う企業家でもあった。
 
[[1934年]]にアメリカ選抜チームが来日するために結成された全日本チーム(後に[[読売ジャイアンツ|東京巨人軍]]の核となるチーム)に招聘された久慈は、全日本のエースであった[[沢村栄治]]とバッテリーを組み、アメリカ選抜チームを苦戦させた。ちなみにアメリカチームを1失点に抑えた[[静岡草薙球場]]での一戦においてその1点となる[[ルー・ゲーリッグ]]の本塁打の球は、その試合で初めて沢村が久慈のサインに首を振ったものであったが、直後に久慈がマウンドに向かって沢村と相談しており、最終的にどちらの意図する投球であったかは現在になってもわかっていない。<BR>
 
しかし彼は職業野球には身を置かず、プレーしながらアマチュア野球の発展に貢献しようとした。これには理由があり、同年3月に函館を襲った大火、函館大火災により市が壊滅的なダメージを受けており、函館を離れようという踏ん切りがつかなかったためである。函館太洋倶楽部はこの年の都市対抗野球大会([[第8回全日本都市対抗野球大会|第8回大会]])の出場権を得ていたが、これを辞退した。<BR>
この年、日米野球の函館開催に尽力し、函館復興に心血を注いだ久慈を政治の場に、との声が上がる。本人は「議員なんて似つかわしくない」と発言しており、積極的な選挙活動は一切行わなかったが、トップ当選で函館市議となった。
匿名利用者