「真継伸彦」の版間の差分

m
編集の要約なし
m
m
[[1932年]]、[[京都市]]生れ。[[京都大学]]文学部卒。
 
[[盗賊]]から[[真宗|浄土真宗]]に帰依する男を描いた小説『鮫』で[[文藝賞]]を受賞した(のち[[萬屋錦之介|中村錦之]]主演で映画化)。また『無明』『親鸞』などで、信仰の問題を追求した作品が多い。
 
他の代表作としては、[[スターリン批判]]と[[ハンガリー動乱]]に揺れるある大学の[[日本共産党|共産党]][[細胞]]会議を描いた『光る聲』、その他『青空』、エッセー集『破局の予兆の前で』などがある。
==著作一覧 ==
*『鮫』(長編小説) 1964 河出書房新社
*『光る聲』(長編小説) 1966 河出書房新
*『未来喪失者の行動』(評論集) 1967 河出書房新社
*『無明』(長編小説) 1970 河出書房新社
47,180

回編集