「復興号」の版間の差分

m
編集の要約なし
m
m
'''冷気対号'''であり、[[キョ光号|{{lang|zh|莒}}光号]]に連結されて運行し'''[[キョ興号|{{lang|zh|莒}}興号]]'''と称された。[[1981年]]運行管理の利便化を目的に{{lang|zh|莒}}興号より分離されることとなり、{{lang|zh|莒}}興号の「冷気対号」が復興号となった。
 
また車輌等級以外に鉄道運賃計算では4種類の運賃体系の中で三番目の運賃等級の名称として使用されている。[[2007年]]現在、運賃は1kmあたり1.46[[ニュー台湾ドル|NTD]]である。この外[[通勤電車 (台湾)|通勤電聯車]]、[[冷気柴客|支線冷氣柴油車]]、[[区間車]]も当該等級での運賃計算を行い、切符上には「復興/電車」と印字表示されている。[[2006年]][[11月1日]]、台鉄は電車の等級を廃止し、不対号の復興号及び[[通勤電車 (台湾)|電車]]を[[区間車]]として統合し、運賃は復興号の運賃体系に基づき計算されている。
 
== 概要 ==
* 40SPK2000型25輌と40SPK2100型5輌が改造され{{lang|zh|莒}}光号となる。
* 35SPK2200型と35SPK2150型の上部に空調装置が増設され{{lang|zh|莒}}光号となる。
* [[通勤電車 (台湾)|通勤電聯車]]と台鉄支線で使用されていたDR1000(DRC) (現[[区間車]])に復興号運賃体系を適用。
* 2006年現在復興号の運賃を1.46元[[ニュー台湾ドル|NTD]]/km、[[台北駅]]-[[高雄駅]]運賃は544元。
* 復興号は停車駅が多いため台北-高雄の所要時間は6時間40分。
 
== 諸元 ==
[[台湾鉄路管理局]]の復興号は支線で運行されるDR1000及び通勤電聯車 (区間車)を除き下記を保有する。なお、これらの客車は[[区間車|区間快車]]にも使用されている。
* 40SP20000型:90輌
* 40SPK20000型:15輌
33,236

回編集