メインメニューを開く

差分

m
typo
この過程には、進化系の基盤を形成する2つの主な力が存在する。'''組み換え'''と'''突然変異'''によって必要な多様性を生成する一方、'''選択'''によって性能/品質を向上させる。
 
このような進化的過程は様々な意味で確率的である。情報のうち組み換えや突然変異で変化する部分はランダムに選ばれる。一方、選択手法は決定的なものと確率的なものがありうる。後者の場合、適応度が高い個体ほど選択される確率が高いが、弱い体であっても生き残って子孫を残す可能性がある。
 
== 主な会議とワークショップ ==
24,110

回編集