「野田英二郎」の版間の差分

m
m (さらに追加。)
[[2003年]]2月、教科用図書検定調査審議会の委員に就任。同年10月、当時は白表紙本としてしか公開されていなかった[[扶桑社|特定の教科書]]を[[ネオナチ]]と同一視し、一発不合格にすべきだと各委員に迫ったことを[[産経新聞]]にスクープされ、委員を解任された。この『不合格工作』については、自身の出身である外務省の[[チャイナスクール]]の関与が指摘されている。この事件により、教科書検定審議会から外務省関係者が排除された。
 
その他にも、極左団体[[日本労働党]]の機関紙などにたびたび寄稿しており、[[反日]]・反[[日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約|安保]]・[[親中]]的な発言が問題視されている。
 
==著書==