「定数群体」の版間の差分

m (robot Adding: en:Coenobium, pl:Cenobium)
 
ところが、藻類の中にやや性質を異にした群体と呼ばれるものがある。代表的なのが[[ユードリナ]](タマヒゲマワリ)で、16個の球形の細胞が球形の寒天質の内部表面に並んだものである。個々の細胞は鞭毛を持ち、単細胞の[[クラミドモナス]]等とよく似た構造を持っている。したがって、そのような単細胞生物の作る群体と見ていいのであるが、大きな違いは、藻体の成長に連れて細胞が増えないことである。普通の群体ならば藻体は成長するにつれて細胞も大きくなるが、細胞数が増加するのが普通である。それに対してこの生物では群体を構成する細胞数は始終変わらない。
[[Image:Eudorina tamahige.jpg|right|240px|thumb|ユードリナの群体で、それぞれの細胞から娘群体が形成された状態]]
 
これは、この生物の生殖法の独特さからくるものである。ユードリナが無性生殖する場合、群体を構成する細胞すべてが同時に[[細胞分裂]]を始め、それぞれが16細胞に分かれて小さな群体になる。つまり、個々の細胞が新しい群体を作るのである。このような特殊な群体を'''定数群体'''と言う。
 
28,698

回編集