「怡土城」の版間の差分

リンク先修正
(リンクの追加と過剰なカテゴリの削除)
(リンク先修正)
== 経緯 ==
[[続日本紀]]によると、[[遣唐使]]一行に加わること2度留学し、その後[[大宰府]]政庁の高官となった[[吉備真備]]が、[[孝謙天皇]]の命により天平勝宝8年(756年)6月築城に着手。途中吉備が[[東大寺]]造営で[[佐伯今毛人]]と交代し神護景雲2年(768年)2月、完成されたとされる。
当時唐では、[[玄宗 (唐)|玄宗]]皇帝に対する「[[安史の乱|安禄山の乱]]」が勃発し、朝鮮半島では[[新羅]]が日本の国使との会見を拒否するなど、対外的な緊張が高まり九州の防備が急務となっていた。
 
== 構造 ==
城の特徴は中国式山城の築城法でもってたすき状に築かれ、山の尾根づたいに望楼(物見やぐら)を配し、西麓の平地に面して高さ10m南北2kmにわたる土塁・石塁をもって固め、その間に城門や水門等を造り、敵襲に備えたとみられる。土塁の外側には幅15mの濠も確認されている。
 
現在遺構としては、高祖山の西裾に1.6kmの土塁、尾根線上に計8か所の望楼跡が残るものの、城内はどのように利用されたか、いつごろ廃城となったか等不明な点が多い。
 
2007年の発掘によると、小石を詰めた堀が土塁の内側に配していたことがわかった。山の斜面からの雨水で土塁が決壊しないように排水した設備と見られ、大陸の山城築城にはない独自の工夫とみられる。
 
== その他 ==
その後、戦国時代地元の豪族、[[原田種継]]が城郭を再利用して中世山城の[[高祖城]]を築城した。
 
2007年の発掘によると、小石を詰めた堀が土塁の内側に配していたことがわかった。山の斜面からの雨水で土塁が決壊しないように排水した設備と見られ、大陸の山城築城にはない独自の工夫とみられる。
 
== 関連項目 ==
*[[日本の城一覧]]
*[[九州・沖縄の史跡一覧]]
*[[大野城 (筑前国)|大野城]]
*[[基肄城]]
*[[高祖神社]]
2,422

回編集