「クイックディスク」の版間の差分

m
内臓ドライブ → 内蔵ドライブ
(雑草取り)
m (内臓ドライブ → 内蔵ドライブ)
==採用システム==
[[画像:Famicom diskcard.jpg|thumb|right|150px|ファミリーコンピュータ<br />ディスクカード]]
パソコンでは[[シャープ]] [[MZ-1500]]に内蔵ドライブで搭載された。[[MZ-700]]用、MZ-2000/[[MZ-2200|2200]]用に外部ドライブがある。[[MSX]]用に[[ロジテック|Logitec]]、[[カシオ計算機|CASIO]]ブランドで外部ドライブがある。[[MIDI]]機材では[[ヤマハ]]、[[ローランド]]、[[コルグ]]、[[AKAI professional|AKAI]]の音源ユニット、[[シンセサイザー]]、[[サンプラー]]、[[シーケンサ]]、データファイラに内ドライブがある。[[ワードプロセッサ|日本語ワードプロセッサー]]では[[シャープ]]、[[カシオ計算機]]、[[キヤノン]]が外部ドライブを発売した。
 
また[[任天堂]]の[[ファミリーコンピュータ ディスクシステム]]に、ジャケット形状を変更し「ファミリーコンピュータディスクカード」の名称で採用した。本来のクイックディスクよりもジャケットが厚く、シャッターを付けたカードもある。模倣品を防ぐためジャケット面に商標エンボスキーを施してある。