「クライム・オブ・パッション」の版間の差分

m
改行しすぎなので、修正
(→‎キャスト: ブルース・デイヴィソン)
m (改行しすぎなので、修正)
'''クライム・オブ・パッション'''(原題:Crimes of Passion)は、[[1984年]]の[[アメリカ映画]]。
 
*[[イギリス]]人監督[[ケン・ラッセル]]が『[[アルタード・ステーツ/未知への挑戦|アルタード・ステーツ]]』に続いて[[アメリカ]]で製作した、ブラック・コメディ風のエロティック・サスペンス。
*主演のキャスリーン・ターナーは、本作出演前からラッセル監督のファンであったという。
 
*また[[淀川長治]]はラッセル監督のファンであり、彼が解説を務めた[[日曜洋画劇場]]において、過激な内容である本作が地上波で放映されたこともある。
主演のキャスリーン・ターナーは、本作出演前からラッセル監督のファンであったという。
*作中でアンソニー・パーキンスがピアノで弾き語る「ゲット・ハッピー」は見物である。また余談ではあるが『[[ツインピークス]]』の作中でローラ・パーマーの父もこれを歌っている。
 
*[[アレック・ボールドウィン]]、[[パトリック・スウェイジ]]が探偵ボビー役のオーディションを受けた。[[ジェフ・ブリッジス]]もボビー役にオファーされた。
また[[淀川長治]]はラッセル監督のファンであり、彼が解説を務めた[[日曜洋画劇場]]において、過激な内容である本作が地上波で放映されたこともある。
*パーキンスの役は、当初、靴のセールスマンという設定だったが、パーキンス自身の提案によって牧師になった。
 
*[[シェール]]も、チャイナ・ブルー役として検討されていた。
作中でアンソニー・パーキンスがピアノで弾き語る「ゲット・ハッピー」は見物である。また余談ではあるが『[[ツインピークス]]』の作中でローラ・パーマーの父もこれを歌っている。
 
[[アレック・ボールドウィン]]、[[パトリック・スウェイジ]]が探偵ボビー役のオーディションを受けた。[[ジェフ・ブリッジス]]もボビー役にオファーされた。
 
パーキンスの役は、当初、靴のセールスマンという設定だったが、パーキンス自身の提案によって牧師になった。
 
[[シェール]]も、チャイナ・ブルー役として検討されていた。
 
== あらすじ ==