「片岡仁左衛門」の版間の差分

編集の要約なし
'''片岡 仁左衛門'''(かたおか にざえもん)は、[[歌舞伎役者]]の名跡の一つ。[[屋号]]は[[松嶋屋]]。 当代は15代目。定紋は七ツ割丸に二引。
 
10代目以降は「我童家」と「我當家」が交互に名跡を継ぐのが慣わしとなっている。
 
* [[片岡仁左衛門 (初代)]] - [[大坂]]の役者。[[敵役]]で人気を得た。現片岡家の過去帳には4代目になっている。俗名を[[三保木儀左衛門]]。俳名を茶谷。
* [[片岡仁左衛門 (4代目)]] - 3代目の養子。2代目[[藤川半三郎]]が[[1747年]]冬から没する[[1758年]]8月まで名乗ったとされる。別名は藤川茶谷、茶谷伊右衛門。俳名は茶谷。
* [[片岡仁左衛門 (5代目)]](生没年不詳) - 4代目の養子。3代目藤川半三郎が継いだが[[1772年]]頃から見えなくなる。
* [[片岡仁左衛門 (6代目)]] - 三保木儀左衛門が名跡を預ったため、片岡家の6代目に数える。屋号は富枡屋。俳名は紫浪、素桐。武道・実事を得意とした
俳名は紫浪、素桐。武道・実事を得意とした。
* [[片岡仁左衛門 (7代目)]] - 途絶していた名跡を再興。
* [[片岡仁左衛門 (8代目)]] - 7代目の養子。
匿名利用者