「仙骨神経叢」の版間の差分

でん部
編集の要約なし
(でん部)
仙骨神経叢は第4腰神経~第5仙骨神経の前枝から構成されており、骨盤の後壁を大坐骨孔に向かって斜めに下る。
 
枝は皮枝と筋皮に分かれる。筋枝は外寛骨筋・大腿屈筋・下腿及び足の全ての筋・会陰筋を支配し、皮枝は殿部・大腿の後側・下腿及び足・外陰部の皮膚に分布する。
 
== 枝 ==
*[[上殿神経]]:[[上殿動脈]]・[[上殿静脈]]とともに大坐骨孔を通って、梨状筋上孔から出て、[[中殿筋]]・[[小殿筋]]・[[大腿筋膜張筋]]を支配
*[[下殿神経]]:[[下殿動脈]]・[[下殿静脈]]とともに大坐骨孔を通って、梨状筋下孔から出て、[[大殿筋]]を支配
*[[後大腿皮神経]]:下殿神経とともに梨状筋下孔を通り、大殿筋の下縁から皮下に現れ、大腿及び膝関節後面の皮膚に分布し、殿部と会陰へ分布する枝も出す
*[[坐骨神経]]:梨状筋下孔から大腿後方に出て、梨状筋下孔から出る場所は、上後腸骨棘と坐骨結節を結んだ線のほぼ中央に相当し、坐骨結節と大転子の中間点のやや内側寄りを通過して、[[大腿二頭筋]]長頭と大内転筋の間を垂直に下行、大腿屈筋群(大腿二頭筋・[[半膜様筋]]・[[半腱様筋]])と、大内転筋の一部を支配。膝窩の上方で外側の総腓骨神経と内側の脛骨神経に分枝する。
*[[総腓骨神経]]:膝窩で[[外側腓腹皮神経]]を分岐した後に、腓骨頭を回って、浅腓骨神経及び深腓骨神経に分かれる。