「地獄少女 (テレビドラマ)」の版間の差分

rv.(履歴不継承による分割のため差し戻し)
(rv.(履歴不継承による分割のため差し戻し))
{{分割提案|地獄少女シリーズの登場人物|閻魔あい}}
{{Infobox animanga/Header
| タイトル = 地獄少女
{{ドラマ}}
『'''地獄少女'''』(じごくしょうじょ)は、[[地獄少女|同名のアニメ]]を原作とした、[[日本テレビ放送網|日本テレビ]]及び[[静岡第一テレビ]]で[[2006年]][[11月4日]]から[[2007年]][[1月27日]]の深夜に「[[黄金の舌]]」枠内で放送された[[テレビドラマ]]。全12話。
 
なお、登場人物に関しては[[地獄少女の登場人物]]の項を参照されたい。
 
==概要==
世間では、子供の間で流行している[[都市伝説]]に過ぎないと思われたが、そのサイトは実在していた。
 
== 登場人物 ==
本節ではアニメ版との相違点などを中心に書くものとする。アニメ版での設定など詳細は[[地獄少女#主要人物]]を参照のこと。
 
; 閻魔 あい(えんま あい)
: 本作の[[主人公]]。通称「'''地獄少女'''」。見た目は黒い[[セーラー服]]を着た、寡黙で無表情、地味で目立たず大人しそうな長髪の少女だが、藁人形の赤い糸が解かれた時には、黒地に花をあしらった[[振袖]]を「変身」するが如く瞬時に着こなし、地獄流しの依頼を忠実に遂行する。
 
; [[輪入道]](わにゅうどう)
: あいの使い魔「三藁」の中では最も(妖怪)人生経験豊富と思しき[[リーダー]]的存在。通常態は和装(山高帽に[[袴]])を粋に着こなす、禿頭の好々爺。調査を行う際、使う偽名は主に「不破龍堂」(輪入道から来たと思われる)。
 
; [[ダイダラボッチ#近畿地方のダイダラボッチ|一目連]](いちもくれん)
: 三藁の一人。通常態の容姿は主に[[パーカー]]と[[ズボン]]というカジュアルな服装をラフに着こなす今時の好青年風で、かなりの美形として描かれている。
 
; [[骨女]](ほねおんな)
: 三藁の一人。通常態の容姿は主に露出度が高いオフショルダーの着物を妖艶に着こなす、妙齢の美女。正体は[[骸骨]]であり、身体の一部を白骨化させることが可能(主に地獄流しの際に相手を脅す為、変化させる場合が多い)。
 
; あいの祖母
: あいと共に暮らしているが、いつも声や糸車を回す影しか出て来ず、名前や正体については一切不明。
 
; 柴田 一(しばた はじめ)
: 第四話から登場。かつては第一公民社の[[政治]][[経済]]誌『ジャパン・ナウ』の敏腕[[記者]]だったが、現在は[[フリーランス]]の事件記者。しかし、現在では取材したスキャンダル記事を平然と当事者に売り付ける強請行為で金銭を稼ぐ等、ダーティーな仕事にも手を染めている。
: ある時「地獄少女」の存在を知ったことから、彼女の実態を追い求めるようになる。とある過去から「復讐はいけない」として、地獄少女の依頼人に執拗にその復讐を止めさせようとするが、成功したのは1回のみで大抵はあと一歩の所で失敗に終わる。当然、三藁からは邪魔者扱いされている。
: ちなみに、あいを追い求める際に乗り回していたのは、アニメでは自動車だったが、実写版では[[オートバイ]](車種不明)に変更されている。
 
; 柴田 つぐみ(しばた つぐみ)
: 第三話から登場。一の娘。母親はおらず、一と二人暮らし。アニメ版と最大の相違点として、年齢設定が小学6年生となり、一のことは「お父さん」と呼んでいる。
: あいとの邂逅以降、あいの精神とリンクするようになり、あいの発言を自分の口から発したり、予知能力であいが見ている光景を彼女自身も見ることが可能になった。当初は過去の[[心的外傷|トラウマ]]から復讐を否定する一と違い、あいのことを「'''悪人をやっつける正義の味方'''」だと思い、一と意見が対立する事もある。
 
; 柴田 あゆみ(しばた あゆみ)
: 一の妻で、つぐみの母。故人で、回想シーンのみの登場。旧姓は小川。一とは他人も羨む大恋愛を経て結ばれた。
: しかし本編開始の5年前に失踪。実際には、編集長の稲垣が暴力団の依頼で一の名前を使った[[捏造]]記事を書いたことが原因で一家心中をした姉の怨みを晴らすために、喫茶店のマスターの西が地獄少女に依頼して地獄へ流したのであった。
 
; 西(にし)
: 柴田親子の近所の喫茶店「あるる館」のマスター。アニメ版ではほんのわずかしか出なかったが、ドラマでは主要登場人物となった。妻(母)が失踪した柴田親子をいつも気にかける。
: しかし実際は一の名前で書かれた記事が元で一家心中した姉一家の恨みを晴らすため、あゆみを地獄へ流すよう地獄少女に依頼した。
: それから5年経ち、その復讐の矛先がつぐみへと向かい、つぐみを拉致してしまう。だが一が地獄通信にアクセス、その後一がつぐみを監禁した場所を突き止めると、あいによって真実を見せられ、自分の行ったことの過ちを悟り、一の持っていた藁人形の糸を引いて自ら地獄へ流された。
 
; 稲垣 隆史(いながき たかし)
: 第一公民社の雑誌『ジャパン・ナウ』の編集長。マスター同様アニメ版ではわずかしか出なかったが、ドラマでは主要登場人物となった。一にとっては兄貴分として慕っていた人物であったが、5年前に柴田がニューヨークへ赴任した直後、暴力団からの依頼である会社に関する捏造記事を一の名前を使って書いたことが明らかになる。
 
; 大滝警部(おおたきけいぶ)
: ドラマ版オリジナルキャラクター。定年間近の刑事。一とは顔見知りで、事件に関する情報や過去の捜査資料など情報を提供していたりしていた。
 
== キャスト ==
39,670

回編集