「藤波孝生」の版間の差分

生家は、[[利休饅頭]]で知られる[[藤屋窓月堂]](三重県伊勢市)で、三重県議会議員になるまで早朝から饅頭づくりに勤しんでいたという。
 
俳人としても有名で、'''孝堂'''('''こうどう''')の俳号で多くの俳句を残し、伊勢俳壇神風館20世宗匠もつとめた。1989年5月に[[リクルート事件|衆議院リクルート問題調査特別委員会]]で行われた[[中曽根康弘]]の[[証人喚問]]で質問に立った[[日本共産党|共産党]]の[[正森成二]]議員が引用した「'''控えめに 生くる幸せ [[根深汁]]'''」の句がよく知られている。自身もこの句が人生訓であると語っており、2005年9月に伊勢市内の氏神社境内に立てた句碑にもこの句が刻まれている。
 
 
匿名利用者