「1 E19 s 以上」の版間の差分

編集の要約なし
m (robot Adding:fr,ko)
一般相対性理論から導出される、いわゆる「開いた宇宙論」では宇宙は永遠に存在しつづける。しかし、いずれいかなる生命体も存在できない状態に安定化する([[熱的死]])。現在の物理学に基き、開いた宇宙がどのように熱的死を迎えるか以下にまとめた:
 
* 1900京年 -- [[ビスマス]]209の[[半減期]]
* 10<sup>14</sup> 年 -- 軽い[[恒星]]が燃え尽きるまでの時間
* 10<sup>15</sup> 年 -- [[惑星]]が公転軌道から外れるまでの時間
匿名利用者