メインメニューを開く

差分

m
編集の要約なし
主に[[有職故実]]に長けた京の公家出身の女中がこの役職に就くことが多く、彼女たちのほとんどは御台所や御簾中の輿入れに伴って奥入りしたと考えられている。
 
奥女中の階級の中では最上位に位置する上臈御年寄だが、幕府の公家対策・あるいは御台所が権力を持つ機会が少なかったためか、大奥の中で実権を持つことはあまりなかったとされる。このため、本来は上臈御年寄よりも下位の[[御年寄]]が大奥の最高権力者となり、大奥における大事小事を差配した<ref>上臈御年寄、御年寄を総称して老女(としより)と呼称したとする説もある。詳細に関しては、[[御年寄#上臈御年寄との関係|御年寄]]を参照</ref>
 
== 補注 ==
<div class="references-small"><references /></div>
 
[[Category:江戸幕府|しようろうおとしより]]
400

回編集