「堀田正邦」の版間の差分

m
編集の要約なし
m
'''堀田  正邦'''('''ほった  まさくに'''、[[享保]]19年([[1734年]]) - [[明和]]9年[[6月2日 (旧暦)|6月2日]]([[1772年]][[7月2日]]))は、[[近江宮川藩]]の第4代藩主。堀田家宗家6代。
 
第3代藩主・[[堀田正陳]]の長男。母は[[水野勝比]]の娘。正室は[[太田資晴]]の娘。継室は[[奥平昌成]]の娘。子は[[堀田正穀]](長男)、娘([[戸田忠従]]正室のち藤井[[松平信寅]]継々室)。官位は従五位下、[[出羽国|出羽]]守。
 
幼名は三四郎。[[宝暦]]3年([[1753年]])、父の死去により後を継ぐ。宝暦8年([[1758年]])[[大番頭]]になった。
明和9年(1772年)6月2日、39歳で死去し、後を長男の正穀が継いだ。法号:実円常性諦了院。墓所:[[江戸]]浅草の金蔵寺。
 
{{先代次代|[[近江宮川藩|堀田氏(近江宮川藩4代)藩主]]|1753 - 1772|[[堀田正陳]]|[[堀田正穀]]}}
 
{{DEFAULTSORT:ほつた まさくに}}