「ルディ・ガリンド」の版間の差分

+image
({{フィギュアスケート 世界ジュニアチャンピオン - ペア}})
(+image)
| ふりがな = ルディ・ガリンド
| 名前 = Rudy Galindo
| 画像 = [[Image:Galindo rudy.jpg|center]]
| キャプション =
| 国 = {{USA}}
| 体重 =
| パートナー =
| 元パートナー = [[クリスティ・ヤマグチ]]
| コーチ =
| 元コーチ = [[ローラ・ガリンド=ブラック]]<br />[[ジョン・ニックス]]
| 振付師 =
| 元振付師 = [[ランディ・ガードナー]]<br />[[アレクサンドル・ズーリン]]
| 所属 =
| 引退 = [[1996年]][[9月10日]]
}}
 
'''ヴァル・ジョー・&quot;"ルディ&quot;"・ガリンド'''(Val Joe &quot;"Rudy&quot;" Galindo、[[1969年]][[9月7日]] - )は、[[アメリカ合衆国]][[カリフォルニア州]][[サンノゼ (カリフォルニア州)|サンノゼ]]出身の[[男性]][[フィギュアスケート]]選手で現在はプロスケーター。ルディは愛称。ペア時代のパートナーは[[クリスティー・ヤマグチ]]。登録名の「ルディ」は愛称。
 
== 経歴 ==
カリフォルニア州サンノゼに生まれた。ジュニア時代から男子シングルとペアを掛け持ちし、ペアでは同じく女子シングルとペアを掛け持ちしていた[[クリスティー・ヤマグチ]]と組んでいた。[[1986年|1986]]-[[1987年]]シーズンの[[世界ジュニアフィギュアスケート選手権|世界ジュニア選手権]]では男子シングルで優勝、ペアでは3位となった。翌1987-[[1988年]]シーズンの[[世界ジュニア選手権]]ではペアで優勝を果たし、同じく世界ジュニア選手権で女子シングルを制したクリスティー・ヤマグチとともにシングルとペアの2種目を制した初めての選手となった。なお、ルディ・ガリンドはジャンプ・スピンなどは時計回りで、クリスティー・ヤマグチは反時計回りという珍しいペアでもあった。
 
1988-[[1989年]]シーズンと1989-[[1990年]]シーズンの[[全米フィギュアスケート選手権|全米選手権]]ではペアを制したが、クリスティー・ヤマグチが女子シングルに専念することとなり、1990年にペアを解消。以後は男子シングルに専念することとなった。
 
[[1995年|1995]]-[[1996年]]シーズン、全米選手権男子シングルで初優勝を果たし、1996年[[世界フィギュアスケート選手権|世界選手権]]では3位となったが、同年引退。引退後はプロスケーターとして[[チャンピオンズ・オン・アイス]]ツアーなどに参加した。
同時期に受けた検査の際に[[HIV]]に感染していることがわかり、メディアを通じて公表。[http://www.milkjapan.com/2000in17.html] [[ゲイ]]であることも明らかにした。
 
[[1997年]]には[[自伝]]を出版している。
 
== 主な戦績 ==
 
== 著書 ==
*The Autobiography of Rudy Galindo(Galindo (''Diane Pub Co''、1997年) ISBN 9780756760663
 
== 外部リンク ==
[[Category:1969年生]]
[[Category:アメリカ合衆国のフィギュアスケート選手]]
[[Category:カリフォルニア州の人物]]
[[Category:LGBTの人物]]
[[Category:メキシコ系アメリカ人]]
 
[[de:Rudy Galindo]]
匿名利用者