「マリオ・ハース」の版間の差分

編集の要約なし
m (Bot:12(Jリーグ))
|体重=82kg
|血液型=
|所属チーム名=[[SKシュトルム・グラーツ]]
|ポジション=[[フォワード (サッカー)|FW]]
|背番号=18
'''マリオ・ハース'''(Mario Haas、[[1974年]][[9月16日]]-)は、[[オーストリア]]・[[グラーツ]]出身の[[サッカー|サッカー選手]]である。ポジションは[[フォワード (サッカー)|FW]]。1998年W杯など[[サッカーオーストリア代表|オーストリア代表]]に選出されたこともある。
 
[[1993年]]、[[SKシュトゥルム・グラーツ|SKシュトルム・グラーツ]]に入団。その後、同クラブの監督に就任した[[イヴィツァ・オシム]]の指揮の下で、クラブの黄金時代を築くメンバーの一人となった(一時期、[[フランス]]の[[RCストラスブール]]にも所属)。[[2005年]]からは[[日本プロサッカーリーグ|Jリーグ]]・[[ジェフユナイテッド市原・千葉]]でプレー。
[[2006年]]、ナビスコカップ決勝で負った靭帯負傷(前十時靭帯損傷)の治療の為、11月14日にオーストリアに帰国。そのまま[[ジェフユナイテッド市原・千葉]]より退団した。
その後、[[2007年]]に古巣のSKシュトルム・グラーツに復帰。
 
== プレースタイル ==
 
==所属チーム==
*1993年-1999年 [[SKシュトゥルム・グラーツ|SKシュトルム・グラーツ]](オーストリア)
*1999年-2000年 [[RCストラスブール]](フランス) 
*2001年-2004年 [[SKシュトゥルム・グラーツ|SKシュトルム・グラーツ]](オーストリア)
*2005年-2006年 [[ジェフユナイテッド市原・千葉]]([[日本]]) 
*2007年- [[SKシュトゥルム・グラーツ|SKシュトルム・グラーツ]](オーストリア)
 
==個人成績==
 
== 備考 ==
*[[SKシュトゥルム・グラーツ|グラーツ]]時代、ときおり魅せるスーパープレーから「スーパー・マリオ」と命名された。
*「史上最強の助っ人」と称された[[崔龍洙]]が[[京都サンガF.C.|京都パープルサンガ]]、[[ジュビロ磐田]]へと移籍し、さらに[[村井慎二]]が[[ジュビロ磐田]]へ移籍してしまったとき、「ジェフの得点パターンを(磐田に)丸ごと持っていかれてしまった」とサポーターの憤激は絶えなかったが、その移籍後に加入したハースのプレイスタイルの方が千葉のサッカーには適していたと言えなくもない。しかし、贅沢な望みを持つファンは、「崔とハース、さらに[[巻誠一郎|巻]]が揃っていたら」と考えた。
 
[[Category:オーストリアのサッカー選手|はあすまりお]]
[[Category:SKシュトゥルム・グラーツの選手|はあすまりお]]
[[Category:ストラスブールの選手|はあすまりお]]
[[Category:ジェフユナイテッド市原・千葉の選手|はあすまりお]]
1,818

回編集