「川島皇子」の版間の差分

編集の要約なし
'''川島皇子'''(かわしまのみこ、斉明天皇3年([[657年]]) - 持統天皇5年[[9月9日 (旧暦)|9月9日]]([[691年]][[10月6日]]))は、[[7世紀]]後半の皇族。河島 ─ とも。[[天智天皇]]の第2子で、母は忍海造色夫古娘。妃、『[[万葉集]]』の題詞から、[[天武天皇]]皇女の泊瀬部皇女が知であったと考えられる。同母の姉妹に大江皇女・泉皇女がいる。淡海朝臣・春原朝臣などの祖。
 
==生涯==
天武天皇10年([[681年]])3月、忍壁皇子らと共に[[帝紀]]及び上古諸事の編纂を命じられる。
天武天皇14年([[685年]])正月、浄大参の位を授けられた。
[[朱鳥]]元年([[686年]])、親友であった大津皇子の謀反計画を朝廷に密告したことが『懐風藻』にみえる。しかし、『[[日本書紀]]』のこの事件に関する記事に皇子の名がみえないこと、また皇子に賞与などが与えられた形跡がみえないことから、史実ではないとする見方もある
持統天皇5年([[691年]])9月に死去。越智野に葬られた。<br>
『[[懐風藻]]』によると、温厚な人柄であったらしい。
 
==川島皇子に関する歌==
[[万葉集]]に[[柿本人麻呂]]の挽歌が残されている。
 
*川島皇子の殯宮の時、柿本朝臣人麿が泊瀬部皇女に献れる歌一首、また短歌
115

回編集